任意保険 値上げ 50代

任意保険の値上げに驚いた方へ【50代の方値上げの背景とご提案】

50代の方、自動車の任意保険料が値上げになっているのをご存知でしたか?

 

 何かと出費の多い50代は、ただでさえ、やりくりが苦しいものです。

 

 その上に、各種公共料金の値上げ、さらに、自動車の任意保険までが値上げになるってご存知でしたか?

 

 

 今までのシステムなら、若い頃から保険料を払い続けていた方は等級が上がって行くので、事故がない限り、保険料の値上げはない、というのが当然の考え方でした。ですが、時代の流れと共に、このシステムが崩壊してしまったのです。しかも、50代を筆頭に、歳を重ねれば重ねるほど自動車保険料が高くなって行くと言うのです。

 

 だまって保険会社の言う通りに支払うしかないのでしょうか?それとも、何かいい方法があるのでしょうか?

 

 

 値上げに至った背景と、私達にできる対策を、少しずつ見て行くことにしましょう。

 

 

 

 

 

 

自動車任意保険の 「30才以上」 が、細分化されました。

 

 今までの自動車任意保険の仕組みは、「30才以上」 という括りがあり、ここに50代から高齢者まで、全ての方が入っていました。

 

 今回の改定では、ここの区分が大幅に見直されています。

 

 具体的には、このような感じです。

 

任意保険の値上げ 50代はどうなのか?

 

 

車の任意保険料の値上げは、実に9年ぶりです。

 

 自動車はいろいろとお金がかかるものです。

 

 自動車税、重量税、車検代、消耗品費、ガソリン代、駐車場代、タイヤ代、バッテリー代、そして、任意保険料。

 

 

 毎年四苦八苦して捻出している車の任意保険料が値上げになるのは、私達にとっても辛いですよね。

 

 今回の値上げは、実に9年ぶり、全体で見ると、5,7%の値上げになっています。

 

 

50代の自動車保険値上げ

自動車保険料価格改定のポイント 高齢者ほど大きな負担

 

 今までは 30才以上担保 という括りで、事故がなければ翌年は保険料が安くなる仕組みでした。

 

 ある程度まで行くと、それ以上は値上げも値下げもなく、毎年同じ位の保険料だったはずです。

 

 

 今回の見直しでは、高齢者を中心に値上げ率が高くなっています。

 

 30代と60代とを比べると、このような感じで保険料が引き上げられています。

 

高齢者に負担 自動車任意保険料

 

車の保険の値上げ額 実際に50代の場合はどの位値上げになるのでしょうか?

 

 今回の価格改定で、実際に50代の方の自動車保険料はどの位値上げになってしまうのでしょうか?

 

 標準的な契約で、年代ごとの値上げ額を一覧表にしてみました。

 

 50代の方から値上がりになってしまい、70代以上はかなりの負担になってしまう事がおわかりいただけると思います。

 

保険料値上げ50代自動車任意保険

 

50代の方自動車保険料が値上げになってしまった理由は?

 

 値上げをするのは、それなりの理由があるからです… というのが保険会社の言い分です。

 

 実際にどのような背景があるのでしょうか?

 

 数年前から言われていたようですが、具体的にはこのような社会的要因があります。

 

 

自動車保険料値上げの要因

 

実際に考えるべき時です。 自動車保険に関する様々な疑問。

 

 今はまだ、それほどではないかもしれませんが、この先長い目で見て行くなら、今回の保険料値上げは大きな負担となります。

 

 今までの保険を継続すれば済むことですが、いろいろと考える事もこの先必要になって来るでしょう。

 

 これからの保険料と、今までの支払いを考え、こんな事を考える方も多いはずです。

 

 

 

 ・ 義理で自動車ディーラー担当者から入り続けているが、メリットはあるのか?

 

 ・ テレビで通販型自動車保険を宣伝しているけれど、実際にはどうなのか?

 

 ・ 保険料の高い大きな保険会社なら安心なのか?

 

 ・ 長い間保険料を納め続けてきたし、事故もないのに、どうして今更値上げなのか?

 

 ・ 他の保険会社の保険料と比べると、今自分が払っている自動車保険料はどうなのか?

 

国内損保会社は 統廃合が加速。 最終的には三社に。

 

 バブルの頃には20社以上の損害保険会社が日本にはありました。

 

 時代と共に状況も変化し、現在は統廃合が進んでいる最中です。

 

 

 最終的には、東京海上グループ、三井住友海上グループ、損保ジャパングループになるようです。

 

 

 今回の値上げは、国内損保会社で足並みがそろっていません。

 

 開始時期が各社で微妙にズレていますので、注意が必要です。

 

 A社は値上げ後の価格を提示していて、B社は値上げ前の価格ということも現時点ではあるのです。

 

 

 でも、適用時期がずれていようと、国内損保会社の契約であれば、最終的には同じ料金体系になります。

 

 このあたり、多少の注意が必要かもしれませんね。

 

 

 

 

 

他社の見積もりを 簡単に取ることができる仕組みがあります。

 

 保険料の見積もりは、電話をかける事自体が億劫だったり、強引に勧誘されるんじゃないかと不安だったりするもの。

 

 こんな心配もあってか、現在のままでいいや、と、安易に継続してしまう方が多いようです。

 

 

 でも、見積もりをするだけなら、難しくありません。

 

 今はインターネットの時代ですから、簡単な入力だけで、最大20社の価格を、ものの数分で調べる事ができます。

 

 

 自動車保険料の比較を目的としていますので、強引な勧誘もありません。

 

 提示された見積もりをみて、納得の行く会社にお願いすればいいだけです。

 

 納得できなければ、今までの会社で継続すればいいんですね。

 

 

 こんな感じで、大変役に立つサービスですから、一度ご利用になってみてください。

 

 温泉旅行の一回分位は、もしかすると安くなるかもしれませんよ。

 

 

自動車の任意保険料をWEBで見積もり

 

 

 

 

 

ご参考までに…



一度、車の価格を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

あなたの車の価格を、複数社から教えてもらえるシステムです。



↓ ↓  CLICK  ↓ ↓









殆ど乗らないなら、カーシェアリングシステムへ。

任意保険料、税金、駐車場代もろもろ かかりません。



↓ ↓  CLICK  ↓ ↓



カレコ・カーシェアリングクラブ


 

 

自動車の消耗品でも節約できます。 管理人も実践している節約作戦!


節約目標 ▲ 50,000 円  タイヤ代節約 節約目標 ▲ 20,000 円  バッテリー代節約



管理人は 195/65/15 プリウスやセレナに合うこのサイズ4本新品、コミコミ 25,000円で愛車に装着できました。
新品BSより5万円以上安く手に入れるならココ。
通販で安く買って、量販店で取り付けてもらうと、とってもお得!是非ご体験ください!タイヤもディーラーさんにとってかなりの利益商品です。

こちらから ⇒ 新品タイヤなのに5万円節約する


エネオスなどの高級バッテリーが新品の4分の1以下の価格で買える!重機や船舶では中古バッテリーが多く使われています。 保証付きで安心!殆どが送料無料で、使用後の廃棄バッテリーも無料で引き取ってくれます。エコを実感できておトク!ディーラー新品は利益商品、高い。

こちらから ⇒ 中古バッテリーで2万円節約する

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ