任意保険 値上げ 70代

任意保険の値上げに驚いた方へ【70代の方値上げの背景とご提案】

70代の方、次回更新の自動車任意保険料は、前回と同じではないかもしれません。

 

 70代の方にお伺いいたします。

 

 自動車の任意保険料の更新はいつですか?
 保険料を確認してみましたか?

 

 「ああ、ずーっと無事故で20等級だし、今年も変わらずだから、保険料も同じだよね…」

 

 安泰の時代が終わってしまったのをご存知でしたか?

 

 先だって自動車保険の決まりが変わりました。しかも、高齢者にとっては頭の痛いものになっているのです。

 

 少しずつ見て行く事にしましょう。

任意保険料の 「30才以上」 が細分化されました。

 

 今まで長い間慣れ親しんできた 「30才以上の方にお支払いします」 という限定項目がありました。

 

 今回の改正で、この30才以上の部分が、細かく細分化されています。

 

 具体的には、このようなイメージです。

 

自動車任意保険 70才以上担保

 

 

自動車任意保険料の値上げは、実に9年ぶりになります。

 

 自動車の任意保険料なんて上がらないものだと思いこんでいましたが、そうでもないようです。

 

 調べてみると、9年前に価格の改定がありました。

 

 社会情勢や運用状況を踏まえて、保険料は変わるものと考えておいた方がいいですね。

 

 

 これから先の社会情勢は予想もできません。

 

 毎年支払う自動車任意保険料の値上げは、痛いですよね。

 

 今回は、全体で見て、5,7%の値上げになっています。

 

自動車任意保険料の値上げ 高齢者 

今回の価格改定は、高齢者ほど、負担が大きくなってしまうものです。

 

 今回の改定の大きな特徴、それは、高齢者への負担が大きくなっている事です。

 

 下のイメージをご覧下さい。

 

 どれだけ高齢者に負担がかかっているのかが、おわかりいただけると思います。

 

70代の任意保険料値上げ

 

任意保険料の値上げ額。70代の実際はどの位なのでしょうか?

 

 今回の保険料改定で、実際に70代の方の保険料はどの位高くなってしまうのでしょうか?

 

 標準的な契約で、値上げ額の一例をご覧下さい。

 

 これを見ると、70代の方はかなりの負担になってしまっているのがおわかりいただけるかと思います。

 

 

70代任意保険料値上げがいくらか?

 

 

70代の方の任意保険料がここまで値上げになってしまった理由

 

 保険会社のいい分ですが、値上げにはそれなりの理由があるそうです。

 

 何年も前から発表していたとはいいますが、ご存じでしたか?

 

 具体的には、このような社会的要因が挙げられています。

 

 

任意保険料値上げの社会的要因

 

沸き起こる様々な疑問。 値上げを受け入れる前に…

 

 実際に 「はい、わかりました。」 と、保険料を支払うのは簡単です。

 

 ですが、しっかりと納得して理解して、そして必要ならめんどくさがらずに他と比べた上で継続したいものです。

 

 こんな事、考えますよね…

 

 

 ・ テレビで宣伝している通販の保険はどうなのか?

 

 ・ 義理でディーラー担当者から入り続けるメリットはあるのか?

 

 ・ 長い間保険料を払い続けてきたのに、どうして値上げなのか?

 

 ・ 他の会社の保険料を比べると、自分の払っている保険料はどうなのか?

 

国内損保の動向 最終的には3つのグループに

 

 バブルの頃には20数社あった国内損保会社ですが、現在は統廃合が進められています。

 

 最終的には、東京海上グループ、三井住友グループ、損保ジャパングループになるようです。

 

 

 今回の値上げは、国内損保会社で同時にはじめられたものではありません。

 

 開始時期が各会社によって微妙にずれていますので、N社は値上げ後の価格、M社は値上げ前の価格かもしれません。

 

 

 適用時期には若干のずれがあれど、最終的には国内損保会社の自動車任意保険は、同じ料金体系になります。

 

 現在は移行中かもしれませんので、その辺りも考慮する必要があります。

 

 

 

 

 

他社の見積もりが簡単に取れる仕組みがあります。

 

 今回の値上げは国内損保会社での措置になりますが、一部の通販型自動車保険や、外資系ダイレクト保険の中には値上げにならない会社もあります。

 

 でも、沢山ある会社から、見積もりを取って比べるのは骨が折れる作業です。

 

 

 現在、インターネットを使った自動車保険の比較システムがあります。

 

 こちらの情報を簡単に入力するだけで、最大20社の見積もりを出してもらえる仕組みになっています。

 

 

 あくまでも保険を比較するのが目的ですから、強引に加入を勧められることはありません。

 

 安心してご利用いただけますので、是非ご覧になってみてください。

 

 

 もしかすると、温泉旅行の一回くらい行けるかもしれませんよ。

 

 

自動車任意保険の比較システム

 

 

 

 

 

 

ご参考までに…



一度、車の価格を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

あなたの車の価格を、複数社から教えてもらえるシステムです。



↓ ↓  CLICK  ↓ ↓









殆ど乗らないなら、カーシェアリングシステムへ。

任意保険料、税金、駐車場代もろもろ かかりません。



↓ ↓  CLICK  ↓ ↓



カレコ・カーシェアリングクラブ


 

 

 

自動車の消耗品でも節約できます。 管理人も実践している節約作戦!


節約目標 ▲ 50,000 円  タイヤ代節約 節約目標 ▲ 20,000 円  バッテリー代節約



管理人は 195/65/15 プリウスやセレナに合うこのサイズ4本新品、コミコミ 25,000円で愛車に装着できました。
新品BSより5万円以上安く手に入れるならココ。
通販で安く買って、量販店で取り付けてもらうと、とってもお得!是非ご体験ください!タイヤもディーラーさんにとってかなりの利益商品です。

こちらから ⇒ 新品タイヤなのに5万円節約する


エネオスなどの高級バッテリーが新品の4分の1以下の価格で買える!重機や船舶では中古バッテリーが多く使われています。 保証付きで安心!殆どが送料無料で、使用後の廃棄バッテリーも無料で引き取ってくれます。エコを実感できておトク!ディーラー新品は利益商品、高い。

こちらから ⇒ 中古バッテリーで2万円節約する

ホーム RSS購読 サイトマップ